芸能・アイドル

2017年7月26日 (水)

ニジュウヤホシテントウと皆川

スマホを長時間見たり、本を読み続けたりすると眼が疲れてしまいます。そんな作業を続けた時は、目の周りのツボを押すようにしています。

10回ほど押し、その後しばらくは目を閉じます。

すると疲れていたはずの目がかなり回復してます。もうひとつは瞬きを意識して行います。

ドライアイ予防になりますし、視力や目を守るのに役立ってくれます。去年の夏に白内障の手術を受けました。アトピー性が原因で発病した白内障でした。手術当日には、待機室で何回か目薬をさしました。30代の私以外、手術を受けるのは高齢の方ばかりでした。手術の直前に麻酔の目薬をさし、手術台に横になると手術が始まります。
痛みはまったくありませんでしたが、濁った目のレンズを砕く機械を使うため高い音が鳴り、レンズ交換の場面では目玉をグリグリと触られるので、苦手だと感じる人はつらいかもしれません。

片目ずつしか手術できないので、両目をやる際は期間が空きます。パソコンやスマホといったモバイルデバイスを、日常的に使う人がほとんどの昨今では、眼精疲労に悩んでいる方は多くなっているのではないでしょうか。現代病でもある眼精疲労ですが、目が充血したり、物が霞んで見えたり頭痛、肩こり、そしてひどいときには吐き気が起こることもあります。

そうならないためにも睡眠を十分にとり、こまめに休息もとって、固まった体をほぐすなどをなどに注意をして生活するのが重要です。
私はトラック運転手をしているのですが一目瞭然に20代の頃と目の見え方が今とは全く違います。
20代の頃は遠くの看板も見ることができましたが、今はもうぼやけて見えてある程度近くによってこないと見えなくなりました。

このせいで、運転中は目が疲れてしまいます。
目の疲労対策は、休憩時間や荷物待ちの時間など空いた時間で、「温かくなるアイマスク」を使用しています。
これが疲弊した目に効果的で気持ち良くなります。
子供が小学生の時にさせていたのですが、ゲームを使った後に遠くものを見るということです。

ただ単に遠くの景色を見るのだけではなく、山にある緑の木を一カ所だけ集中して見ます。
アイキララ使ってる芸能人



ゲームをした事で長時間近くにあった目の焦点を遠くに移すことにより、目の緊張をほぐすことが出来、5~10分くらいの時間です。木の自然の緑は、視力の疲労を回復します。
このように疲れを取ることで視力を保っていました。テレビ以外でも携帯電話やスマホ、タブレットなどを見る現代社会は、液晶画面を多くの場面で見ることが多くなりました。

パソコンは仕事の必需品で多くの人は目の疲労に悩まされています。近頃ではブルーべりーに含まれていると言うアントシアニン成分を豊富に含む健康食品も増えました。眼が年をとってきたと感じる人にも人気の商品となっており、たくさんのメーカーさんが気合をいれています。

仕事でよくパソコンを使う近視の方だと目が疲れやすくなります。

眼精疲労をとるために、ホットタオルをまぶたに乗せて温める、遠いところに視線を向ける、眼球を上下左右に動かしたりすることも効果的です。また、眼精疲労は目だけが疲れているというよりも、姿勢による体のゆがみや肩こりも原因となっているため、体全体をストレッチなどをして動かして血行を改善させるとより効果的です。

大切なのは、体全体のバランスを整えようとする意識です。

目を使い過ぎている時代の現代は、PCやスマートホンなどの画面が放出している目にとても悪い影響があります。
しかし現代の日常生活でこれらは欠かすことができません。

では、目の健康のためには何をすれば良いのでしょうか。

1番は、悪い影響から目を守ることが重要です。それにはブルーライト軽減メガネというものがあります。
それと疲労してしまった目に休息を与えることも重要です。
簡単な方法は蒸しタオルなどで目の付近を温めるようにして、血液の流れを良くすることで目の疲労が取れます。近年、若い女性に人気のメイクアイテムとして、カラーコンタクトがあります。ギャルメイクだけではなくナチュラルメイクでも今やカラーコンタクトは必須アイテム。
使用する上で最も心配なのは、目の乾燥です。一般的なレンズより厚く酸素を通しにくいため、着用時間はきちんと守りましょう。



本来視力が悪くない方も使用することがあるため、メンテナンスの知識がなく、不衛生な管理によって結膜炎などの症状が起こる場合があります。


取扱説明書をよく読んでから使用する事が適切なアイテムです。近頃、PCやスマホの普及により日常的に目を酷使しています。


いつのまにか、眼精疲労に陥っている人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。放置すると、視力の低下、頭痛、肩こりなど全身の不調の原因になりえます。女性の場合、目の下のくまや血行不良など美容に関しても気がかりなものです。
眼精疲労と気づいたら、いや、気づく前に目を休ませることがとても大切なのです。

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ